読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/3/17 ピクニック

親しい人達を過去に引き摺り込むようなことはしたくない。
だから一人で考え抜くしかない…

死んでも死にきれない悔しい思いはどうすれば解消するのだろうか?

乗り越えた気でいたけど…
どうやら全然納得できていないようだ…

 

 

昨日、娘と僕は運良く同じ日に休日となった。
朝目を覚ますと妻が二人分の弁当を用意してくれていた。
今日の僕のスケジュールは娘と二人で公園にピクニックなんだとか…
昨夜遅くまでスタジオで曲作りに神経を集中させていたせいか、今ひとつ事態が飲み込めていなかったけど…
娘の異様なテンションを眺めていると、僕に選択肢がないことは容易に理解できた。

シャワーを浴びて身支度をしていると娘の声がキッチンから聞こえくる。
娘「水筒の中はお茶でいいと?」
僕「あ。ああ…」
娘「氷は入れる?」
僕「あ。ああ…」

身支度の遅い僕が待ちきれず娘は率先して準備を始めた様子だった。
娘は妻が用意してくれた弁当と水筒と自分でおしぼりを準備してリュックに入れ、早々と玄関で待っている。

急かされるように身支度を終わらせ、
いざ出陣。

平日の昼前の公園は人影もまばらで、幼稚園前ぐらいのヨチヨチ歩きの子供とママさん達が数組いるぐらいだった。
一通り遊具を満喫してランチタイム突入。

娘の指図で木陰に陣を取り敷物を敷き、二人で弁当を広げた。

娘「一緒に弁当食べるの久しぶりやね」
僕「そうね」
娘「何年ぶりかなぁ…15年ぐらい?」
僕「…んな訳なかろーもん」
「1年ぐらいじゃない…」

そんな他愛もない会話をしながら、僕は治療中の奥歯が若干疼くのを必死に我慢していた…
それでも、娘と二人で食べる弁当の味は格別のものだった。

 

いい休日をありがとう。

f:id:chibo-kyu:20170318185324j:image

 

2017/3/11 ウナギとさげもん

飲み過ぎたり、体調崩したり、発熱したり、悪者になったり、慕われたり…
とまぁ人並みに色々とあります。
そんな中懐かしい面子との再会。
クスリやら何やらで必死にその日に照準を合わせて体調を整える。

再会会場は高級鰻屋。
娘も妻も楽しみにしていた。
特に娘は前日から鰻の話しをするとニヤケながら指を咥えてウトウトする始末。

朝、目を覚ますと青い空が広がっている。
それだけでも心が浮ついているのがわかる。

車で目的地となる鰻のメッカに向かう。
久しぶりに訪れるその街は、相変わらずゆっくりと時間が流れている。
目に写る景色は普段見ることのない田畑が永遠と広がり、ザ田舎 と言わんばかりのロケーション。

ジャストで待ち合わせの店に到着。

あの頃、独身だった彼女達は全員嫁がれて、お二方には子供も…
皆んな其々に事情が変わり、其々に大切なものも変化してきていることが手に取るように伝わってくる。
時間が経ってるんだ…

僕はある時から時間を止めたり、巻戻したり、していたけど…
ちゃんと時間だけは過ぎていた。
その経過は自分の意思とは違う方向に向かったのかもしれないけど…
今思えばそんなに悪くはなかった様に思える。

 

時間が経っても会うことの出来る仲間。

改めていいもんだなぁと しみじみ。

 

いい伝統だね 

f:id:chibo-kyu:20170312212548j:image

2017/3/4 ROC JET

日付が前後したけど…

まぁいっか…

 

今宵も飄々とステージに立つ。
客はほぼほぼ身内ではあるけど…
まぁいっか…


久しぶりに持ち出したgretschの音が気持ちいい。
リハの時、妻から「あなたgertsch持つと音を大きくしたがるね」と…
音の粒が綺麗だから表に出したい欲求が自然と出力あげているのかも…
Gibsonには出せない音があるんだよね。

途中チューニングが安定せず苦戦したけど、この音を気に入ってくれた方が複数いて気分は上々。
当然ビールがすこぶる美味い。

店の敷居の低さも手伝って終始ラフな感じで演奏させて貰えた。
欲を言えばもっともっとラフでいい…
もう一曲歌いたかったけど…却下。無念。

打上げにはリチャード達も来てくれて、お初の方々とも親交深まりいい夜だった。

 

一つ悔しいのは…
挑んだ腕相撲は全敗だったこと。

f:id:chibo-kyu:20170306184454j:image

 

 

2017/3/5 黒猫キュウ

我家の黒猫キュウちゃん。
毎朝僕がリビングに降りてくると、足元へ来て「おはよう」の挨拶をしてくれる。
僕の顏を覗き込んで「ニャッ」って小さく泣いて擦り寄ってくる。
挨拶を返して撫でてあげると何度も何度も声を出してくれる。
キュウは娘が無理矢理抱っこしても、僕が触りまくっても、妻が意地悪しても…
されるがまま。
余程の事がない限り滅多なことでは抵抗しない。
なんて言うか…我慢強い。

2013年の夏に我家へ来て先住のチボと仲良くできるか心配だったけど…

f:id:chibo-kyu:20170306183708j:image
キュウはチボが大好きみたい。
最近ではチボがキュウに「遊ぼう」って仕掛けることも。

寒い夜は二匹が僕等の布団に入れ替わり立ち代り。
気がつくと二匹が足元で仲良く丸くなっていることもしばしば。

そんなキュウとの生活も今年の夏で丸4年を迎え、今では我家のマスコットボーイの座に座っている。

 

めっぽう臆病で甘えん坊のキュウ。

f:id:chibo-kyu:20170306183615j:image

2017/3/2 想像力

paradigm shift がおきるんだろうなぁ…

「自分が得をすればいいんだ」
「自分が損をしなければいいんだ」
それの何が悪い。
お金を払う側が王様で、価値を提供する側を奴隷のように扱っていいんだと言う下等な感覚。
「安価であること」
それ自体に何か価値があるように騒ぎ立て、己の物欲を満たし、利益だけを追求する独特の文化…

そんな奇妙な価値観で成立している社会がそろそろ終わりを告げるのかもしれないね…

人口が減るってこと…
それが意味する価値感の変化を極端に想像してみる必要があるんだろうなぁ。。

 

ようやく時代が追いついてくる

f:id:chibo-kyu:20170303125232j:image

 

2017/3/1 ひくつ

とても卑怯で姑息な人がいたりする。
しかも、それを上手に隠しきれず卑屈な思考を繰り返す人達

悲しいかな僕の目は、歳を追うごとに近くの文字は見え難くなっていってるけど、それとは逆にそんな人の腹の中がどんどん見えるようになっている。

たまりかねて指摘をすると…
痛い所を突かれた時のように異様な反応をする。

卑怯で姑息な生き方を選択している人達。

彼等はいつ楽しむんだろう…
それを辞めないと限りある命が勿体無いように思うよ。

卑屈な思考から「思いやり」が生まれるとは思えないからね。

彼等は「他者の思いやり」なしでは生きていけないんだから。

 

着る物も真面目に考えてみる。 

f:id:chibo-kyu:20170301204329j:image

2017/3/1 黙々と

穏やかすぎる朝を迎えて、今日一日をこのペースで過ごそう。
そんなことを考えながらハンドルを握ると、目の前には忙しい世界が広がり始める。
今朝迎えた穏やかな空気は一瞬にして目の前から消えて行く。

今年は年始から色々と動きが出てきそうな予感を抱えていた。
それが少しづつ具体化してきている。
5年程前に予測した事態になっている。
それは望んでいたことではないが、誰も僕の言葉を正面から受け付けることはなかった。

自滅するって 言ったよね…

改めて多くの発信に目を通してはみたけど

残念だけど響かない…
今更感だけが頭の中をグルグル回っている。

相変わらず筋トレは毎日継続できている。
体格も見た目でわかるように変化してきた。
当然筋力もついている。

人から失笑され、「何を目指してるのか?」
ってきかれても…
今は黙って自分を鍛えなおすことに専念している。

この志は自分には向かっていない。

 

走り方もだいぶ思い出してきた。

f:id:chibo-kyu:20170301190755j:image